子供の英語学習とは何が違う?大人が英語を話せるようになるコツを知ろう!

子供の英語学習とは何が違う?大人が英語を話せるようになるコツを知ろう!

 

 

子供の英語学習とは何が違う?大人が英語を話せるようになるコツを知ろう!

 

 

・英語を話せるようになりたいという大人が注意すべきこと

 

学生の頃は英語の勉強に全く関心がなかったのに大人になってから話せるようになりたいと思う人は結構いると思います。その理由は

 

・ キャリアアップしたい
・ 海外の人と会話できるようになりたい
・ 英語を話せたらカッコイイ
・ 仕事で英語が必要になった
・ 海外の映画を字幕なしで楽しみたい
・ 海外旅行を楽しみたい

 

と人それぞれだと思います。しかし、その目標を大きく分けると、

 

「英語が話せるようにならないと困る」

 

「もし、英語が話せるようにならなくても困らない」

 

と2つに分けることができると思います。あなたの目標はどちらに当てはまるでしょうか?

 

 

もし、自分の目標が、英語が話せるようにならなくても別に困らないというような目標であった場合は、注意しなければならないことがあります。それは、そのような目標で英語学習をする場合、モチベーションを維持することが難しいということです。

 

特に大人になってから英語の学習する場合、仕事などの忙しい合間を縫って努力をする必要がありますし、絶対に英語が話せるようにならなければ困るという目標ではないと、最悪諦めればいいかという気持ちが出てくるので、モチベーションが低下しやすいのです。

 

つまり、大人が英語を話せるようになるためのコツは、モチベーションを維持していくための工夫をして勉強を継続していくことだと言えるでしょう。

 

 

 

必見!英語を話せるようになるためのおすすめ教材を紹介

 

 

 

・英語学習のモチベーションを維持するための工夫

 

では、英語を話せるようになるため、どのようにモチベーションを維持していくかということになりますが、ここでちょっとしたコツを紹介してみたいと思います。

 

「空いた時間でやるのではなく、自分で時間をつくる」
大人になると仕事などで忙しく、英語の学習は空いている時間にやろうと考えがちです。そうすると、忙しいのを言い訳にしてだんだんと学習への時間が減ってしまいがちになります。

 

そこで、忙しくても1日30分はやるといったように学習する時間を決めてしまうのです。できれば、夕食後にやるといったように毎日同じタイミングでやった方が習慣にもなりやすくモチベーションも維持しやすいと思います。

 

絶対に1日これだけの時間はやると決めてしまえば、その時間を確保するために他の時間を考えて行動するようになり、意外とその時間を確保できるものです。

 

「周囲に宣言する」

 

家族などに毎日30分は英語の学習をすると宣言してしまうのもモチベーションを維持するコツになります。

 

自分で宣言した手前、簡単にはやめることが出来なくなってしまいますし、周囲もその意気込みを応援するために良い環境を整えようと協力してくれるでしょう。

 

 

 

こちらの記事もぜひご覧下さい。

 

絶対見るべき!英語を話せるようになるためのおすすめ映画まとめ