独学でも大丈夫!流暢に英語を話せるようになるおすすめの勉強方法

独学でも大丈夫!流暢に英語を話せるようになるおすすめの勉強方法

 

 

独学でも大丈夫!流暢に英語を話せるようになるおすすめの勉強方法

 

 

・独学で英語を話せるようになるための勉強方法が分からない・・・

 

英語を話せるようになりたいと思っている人のなかには、周囲に英語を話せる人もいなくて、独学で頑張っている人もたくさんいると思います。

 

しかし、独学で頑張っている人のなかには、勉強方法が分からなくて行き詰まっているという人も多いのではないでしょうか。

 

英語を話せるようになるためには、

 

・話す(スピーキング)
・読む(リーディング)
・聞く(リスニング)
・書く(ライティング)

 

をバランス良く勉強していくことが欠かせません。この4つそれぞれのおすすめ勉強方法を紹介していくので、勉強方法が分からないという人は参考にしてみてください。

 

 

 

・リーディングの勉強方法

 

リーディングの勉強方法はシンプルで、洋書や英字新聞など英文をどんどん読んでいくというのが勉強方法になります。洋書や英字新聞が難しいという場合は興味をもてそうな小説やマンガなどを見つけて読むのもいいと思います。

 

洋書などであれば、2000ページくらい読むと英語の語感がなんとなく分かってくると言われています。

 

 

 

 

 

・リスニングの勉強方法

 

リスニングの勉強方法も、とにかく聞くだけですし、CDやDVD、ネットの動画などを利用すれば独学でもリスニングをする環境は簡単に作れると思います。

 

ただ、リスニングの際は集中して聴くことが大切です。よく聞き流すだけで良いと言われることがありますが、やはり集中して聴き取ろうと努力しないと、リスニング力はなかなか上達しません。

 

 

 

 

 

・ライティングの勉強方法

 

ライティングの勉強方法ですが、ライティングというと英単語を覚えたりする際に何度も書いて覚えたりしているという人も多いと思います。

 

それも単語を覚えるという意味では良い方法だと思いますが、英語が話せるようになるためのライティングという方法としては、自分の気持ちをライティングするという勉強方法がおすすめです。

 

テレビなどを見ていて、自分が思ったことなどを英語で書くという習慣をつけてみましょう。この習慣を続けていると、思ったことを英語でパッと言える力がついてきます。

 

 

・スピーキングの勉強方法

 

スピーキングもライティングの勉強方法で紹介したように自分が思ったことを英語で口に出してみるのがおすすめです。口にするときは、完璧に言おうとして時間をかけすぎないのがコツです。実際に会話するときも、完璧に言おうとして何も言えないよりも、多少文法などが間違っていてもとりあえず言葉を発して伝えようとすることが大切ですよね。

 

また、リズムよく話せるようになるためには、CDなどで英文を追いかけるように読み上げるシャドーイングもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事はこちら

 

英語を話せるようになるためのおすすめ教材を紹介!