日本人が英語を話せるようになるにはコツがいる!日本人のための勉強方法まとめ

日本人が英語を話せるようになるにはコツがいる!日本人のための勉強方法まとめ

 

 

日本人が英語を話せるようになるにはコツがいる!日本人のための勉強方法まとめ

 

 

・英語が話せるようになることができない日本人が多い理由を考える

 

以前と比べると英語を話すことができる日本人が増えてきているとは思いますが、まだまだ少ないというのが現状でしょう。

 

もちろん、英語が話せなくても日本にいる限り生活に支障がないというのが大きな理由になるとは思いますが、英語が話せるようになるために努力している人でもなかなか話せるようにならないというのには日本人ならではの理由があると思います。

 

これから英語を話せるようになるために勉強していこうと思っている人は、理由を知ることで、勉強方法を工夫していくことができると思うので、考えられる理由を紹介してみたいと思います。

 

 

 

・英語を話せない日本人が多い理由

 

日本人は義務教育の中学で3年英語を学びますし、高校、大学でも英語を学ぶ人もたくさんいますよね。それなのに話せる人がほとんどいないのは、日本の勉強方法では話す練習が圧倒的に少ないのが大きな原因だと考えられます。

 

社会人の皆さんは学生の頃を思い出してみてください。英語の勉強といえば、文法を学んだり、単語や英文の読み書きにほとんどの時間を費やしたのではないでしょうか。

 

もちろんそういったことを学ぶことも大切ですが、話す練習をどんどんしていかなければ英語を話せるようになることはできません。

 

 

 

・日本人がやるべき勉強方法とは

 

このように日本人はインプット中心でアウトプットする機会が圧倒的に少ない人が多いので、アウトプットを重視した勉強方法で学習していくことが大切になります。

 

もちろん海外の人と話ができれば越したことはありませんが、それができない場合でも、自分が普段言いたいことなどを英語で声に出してみるものもアウトプットの練習になります。

 

また、声に出して話すことだけがアウトプットではありません。ネットのSNSで自分が思っていることを投稿したりするのもアウトプットの練習になりますし、英語で日記を書いたりするのもアウトプットの練習になります。

 

リスニングもただ聞いているだけではなく、聞いた英文をそのまま追いかけて読み上げるシャドーイングがおすすめになります。

 

アウトプットする時に、完璧に話せない(書けない)からと躊躇してしまうのも日本人の悪いクセです。これから上達していくわけで、今うまく話せないのは当然のことなので、間違うことを恐れずにどんどん話していきましょう。そしてうまく話せなかったところや間違ったところを後から調べて覚えていけばいいのです。

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事↓ ↓

 

必見!英語を話せるようになるためのおすすめ教材を紹介