洋楽を使った勉強法、英語を話せるようになる効果はある?

洋楽を使った勉強法、英語を話せるようになる効果はある?

 

 

 

 

・洋楽を聴くメリットとは

 

現在、英語を話せるようになりたいと思っている人で良い勉強法を探していて、洋楽を聴くというのはどうだろうと思っている人もいると思います。

 

洋楽を聴くというのはいろいろなメリットがあります。

 

・知らない単語や表現を覚えることができる
・記憶に残りやすい
・発音やリズムを自然に学べる
・海外の文化や感性も知ることができる
・ネイティブと話す時に知っている曲が共通の話題になる

 

このように英語を話せるようになるために役立てることができる要素がたくさんありますし、

 

・楽しみながらできるので継続しやすい
・移動中や何かの作業をしているときも聴ける

 

というのも、忙しくて勉強する時間があまりとれない社会人の勉強法に向いていると思います。

 

楽しみながら英語を勉強していきたいという人は洋楽を聴くという勉強法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

・英語が話せるようになるための洋楽勉強法のポイント

 

洋楽で英語を勉強するというのは良い方法ですが、ただ洋楽を聴き流しているだけで英語が自然と話せるようになるとうわけではありません。

 

そこで、洋楽を使ってどのように英語が話せるようにつなげていくかという勉強法のポイントを紹介します。

 

「歌詞と意味を覚える」
歌詞やその意味もわからないまま聴いていても、英語の学習にはなりませんよね。歌詞や意味を覚えて、どんどんボキャブラリーを増やしていきましょう。

 

もともと洋楽を聴いて到人であれば、これまで何気に聴いていた曲がこんな意味だったんだと驚くこともあるかもしれませんね。

 

「聴くだけでなく歌う」
英語学習のためであれば、洋楽は聴くだけでなく自分も声に出して歌いましょう。英語を話す口の筋肉を鍛えることもできますし、英語独特の発音の練習にもなります。顔の筋肉や舌が自然と動くようになるまで繰り返し歌ってみましょう。

 

「洋楽の歌詞のなかから使える単語や表現を拾う」
歌詞を覚えて新しい単語や表現を仕入れたら、この単語や表現を自分で使えないかなと考えてみましょう。そしてどんどん自分の表現にしていきましょう。

 

 

・曲選びのポイント

 

普段から洋楽を聴いている人は、自分の好きな曲を選んでいけばよいと思います。

 

洋楽はよく知らないという人は、ヒットチャートから選んだり、海外の人なら誰でも知っているような名曲から選んでいけば、海外の人と話す際の話題つくりにもなるのでおすすめです。

 

聴いていて、いい曲だ、楽しいと思える曲を選んでいった方が、集中しやすく歌詞も覚えやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

必見!英語を話せるようになるためのおすすめ教材を紹介