英語が話せるようになるために留学は有効か?

英語が話せるようになるために留学は有効か?

 

 

英語が話せるようになるために留学は有効か?

 

 

・留学さえすれば英語が話せるようになる?

 

英語が話せるようになりたいという人のなかには思い切って留学してみようかと考えている人もいると思います。

 

現在、英語が話せるようになった人のなかには留学をして英語力を磨いた人もたくさんいると思います。しかし、何年も留学したのに、ほとんど話すことが出来ずに帰って来る日本人もたくさんいます。むしろ、話せない人の方が多いというのが実情です。

 

留学することによって、英語を学びたいという人にとってすごく良い環境を得ることができるのは間違いありませんが、留学さえすれば英語が話せるようになるという気持ちで行ってしまうと後悔することになるので注意しなければいけません。

 

もし、留学さえすれば話せるようになるだろうと、留学に行くまでにほとんど英語が分からない状態で行こうとしているのであれば、話せるようにならないまま帰ってくることになると思います。

 

そんな状態で行っても、ネイティブの相手に何も伝えることができませんし、ネイティブの言っていることも何も理解することができません。

 

語学学校の授業だって、英語以外で話すのは基本的に禁止されています。何も分からない状態で語学学校に通っても授業の内容も分かりませんし、質問すらできませんよね?

 

会話も出来ない人が海外でどうやって凌いでいくかという力が身についたり、日本人留学生との交流関係はできるかもしれませんが英語が話せるようになるという本来の目的は果たすことができないでしょう。

 

留学して良い成果を得るためには、行く前にしっかりと英語の勉強をして、少なくとも初心者レベルは卒業した状態で行くべきだと思います。

 

 

・覚悟をもって留学しよう

 

留学するとなるとあなたの貴重な時間とお金を使うことになります。それに見合うだけの成果を得て帰ってこようという強い決意が大切です。

 

留学で日本人が陥りやすいのが

 

・ 日本人留学生同士でつるむ
・ 積極的に話そうとしない

 

ということです。

 

想像以上にネイティブの言っていることがわからなかったり、自分の言いたいことが言えなかったりすると、不安が大きくなって日本人同士でつるんでしまいがちです。そして日本語にホッとして結局日本人と日本語で話してしまうのです。

 

また、海外では受け身の姿勢では、英語を話す機会をどんどん失ってしまいます。なので、留学に行く時点で強い決意をもっていないとこのような状態に陥ってしまい、話せるようにならないまま留学を終えてしまうことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

必見!英語を話せるようになるためのおすすめ教材