英語を話せるようにならない原因と対策について

英語を話せるようにならない原因と対策について

 

 

英語を話せるようにならない原因と対策について

 

 

・英語が話せるようにならない日本人はたくさんいる

 

「英語が話せるようになりたい」と多くの人が一度は思ったことがあると思います。実際、英語が話せるようになるために勉強している人もたくさんいると思います。

 

しかし、一生懸命学習はしているけど、なかなか英語が話せるようにならないという人も多いのではないでしょうか?中学、高校でも英語は勉強しますし、社会人になってからも英語の勉強を続けている人もたくさんいることを考えるともっと英語が話せる日本人がたくさんいても良さそうなものですよね。

 

そこで、多くの日本人が英語を話せるようにならない原因について紹介したいと思うので、学習しているのに思ったように話せるようにならないという人は参考にしてみてください。

 

 

・アウトプット不足が大きな原因!

 

まず、英語を話すための語彙力が足りていないという人は、明らかにそれが原因なので、英単語や英文をどんどんインプットしていくことから始めなくてはいけません。単語を知らなければ当然何も話せませんよね。

 

次にある程度の語彙力は身に付けているけども、相手の言っていることが聞き取れないという人は、リスニング不足が原因なので、英語をもっと聞く機会を設ける必要があります。海外の人と話す機会がないという人でも、CDやDVD、テレビやネットの動画などリスニングする機会はいくらでもつくれますよね。

 

このように明らかにインプット不足、リスニング不足という人はそれが原因なので、それを補っていくしかありません。

 

しかし、インプットもある程度出来ていて、リスニングもそれなりにできるのになかなか英語を話せるようにならないという人も多いと思います。そういった人達の大きな原因はアウトプットが不足していることだと思います。

 

日本にいて普段海外の人と話せる機会があるという人以外は、英語を「見る」「聞く」「書く」という時間よりも、英語を「使う」という時間が圧倒的に少なくなってしまうでしょう。

 

英会話スクールに通う、留学するといった方法でお金をかけて英語を話す機会を増やす方法もありますが、お金を使わなくても知人を通して海外の友達を探すという方法で英語を話す機会を増やせるかもしれません。

 

また、そういった方法が難しいという人でも、現在の気持ちや今日の出来事などを英語で言ってみたりするのは一人でも出来ます。また、英語で日記を書いてみたりするのもアウトプットになりますし、SNSの投稿を英語でやってみたり、海外の人とペンフレンドになるという方法などアウトプットする方法はいろいろあります。

 

自分にはアウトプットが足りていないという人はこういった方法を参考にしてアウトプットする時間を増やしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

必見!英語を話せるようになるためのおすすめ教材を紹介