英語が話せるようになるには文法も大事!おすすめの文法勉強法とは

英語が話せるようになるには文法も大事!おすすめの文法勉強法とは

 

 

英語が話せるようになるには文法も大事!おすすめの文法勉強法とは

 

 

・なぜ英語を話せるようになるために文法の勉強が必要か

 

英語を話せるようになりたいという気持ちはあるけど、文法が苦手だという人もたくさんいると思います。

 

そういった人のなかには
「文法の勉強をしなくても英語を話せるようにならないのか?」
と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、成人になった日本人が他国語である英語を話せるようになるためにはやはり英文法は必要です。

 

なぜ英文法が必要なのかというと、英文法をちゃんと理解することで、英語を話せるようになる期間を一気に短縮させることが出来るからです。文法を学ぶということはそのツールの使い方を知らない人が、説明書やルールを読むようなものなのです。

 

文法を勉強せずに楽に英語を話せるようになりたいと思っている人には、楽をしたいならむしろ文法を勉強するべきということを知ってほしいと思います。

 

 

・文法を覚えるためにおすすめの勉強法とは

 

文法を勉強するというと英語が苦手だった人からすると大変なイメージを持っているかもしれませんが、簡単な日常会話ができればよいというのであれば中学で習う程度の文法を勉強すればじゅうぶんです。(もちろん難しい文法も知っておくに越したことはありません)

 

普通、文法の勉強法と言えば、まずは文法書を購入して勉強していくと思いますが、おすすめの勉強法としては、まずは文法書ではなく中学レベルの文法の問題集を一冊購入して学習します。

 

そしてその文法の問題集も問題を普通に解いていくのではなく、答えと解説を見ながらどうしてこの答えになるのかを理解していきます。理解すると言っても解説を見て何となくそうなのかと思えればじゅうぶんです。

 

その感じで1冊しっかり学んでから、ようやく文法書(中学初級レベルでじゅうぶんです)を見て勉強していきます。そうすると、問題集の解説で何となくそうなのかと思っていたものが、そういうことかとハッキリ分かるようになります。

 

特に、これまで文法書から勉強を始めて挫折してしまったという人も、この順序で文法書を勉強してみると理解できる人もたくさん出てくると思うので、すごくおすすめです。

 

また、文法を勉強する人は、基本的な文法を覚えたらその文法を使って自分の身の回りの出来事や、気持ちを英文してみたりして、どんどん使ってみることを常に意識しておきましょう。

 

あくまで文法を覚えるのは話せるようになるための手段なので、知識で終わせないようにしましょう。

 

 

 

こちらの記事もぜひご覧下さい。

 

絶対見るべき!英語を話せるようになるためのおすすめ映画まとめ