英語が話せるようになるコツや教材のおすすめは?社会人や主婦でもできる勉強法

【最短で上達!】社会人が英語を話せるようになるための勉強法とは

 

 

【最短で上達!】社会人が英語を話せるようになるための勉強法とは

 

 

・社会人が英語を話せるようになるためにネックとなるもの

 

社会人になってから英語を話せるようになりたいと思って学習を始める人は少なくありません。

 

これから始めるという人もたくさんいると思いますが、途中で挫折してしまわないために社会人が英語を話せるようになるために勉強していくなかでネックとなりがちなものをまずは知っておくことをおすすめします。

 

社会人が英語の勉強をしていくなかでネックとなってしまうのが勉強する時間の確保だと思います。

 

勉強はしたい気持ちがあるけど、仕事が忙しくて勉強する時間がなかなかとれないという悩みをもっている人も多いと思いますし、勉強に取り掛かっても仕事で疲れていて長時間は勉強するのは厳しいという人も多いでしょう。

 

そこで、社会人が英語を話せるようになるために大切になってくるのが効率よい勉強法で勉強するということです。

 

 

・まずは文法を勉強しよう 

 

まず、文法もよく分かっていないという人は文法から勉強していくことをおすすめします。

 

社会人であまり時間がないと言っているのに文法からやるの?と思う人もいるかもしれませんが、今後効率良く英語を身に付けていくためには文法を最初に知っておくべきです。

 

文法というと難しそうと思う人もいると思いますが、中学生で学んだ本当に基本的な文法だけで、まずはじゅうぶんです。

 

中学生で習う文法はすごくシンプルですし、何より社会人であれば一度勉強していますし、英語が苦手だったという人でも全く馴染みがないわけではないと思います。

 

基本的な文法を知ることができれば、自分の知っている単語を当てはめていくだけで、簡単な日常生活の会話がかなりできることが分かるようになると思います。そうなれば、知っている単語を増やしていけば、話せる会話がどんどん増えていく状態になるので勉強のモチベーションもあげることができます。

 

このレベルまできたら、今度は自分が思ったことを英語で言ってみるという練習をするのがおすすめです。実際に自分の思っていることを英語で話すという練習をしなければ、いつまで経っても英語を話せるようにはなりません。

 

スポーツで言うと、まずはルールを覚えることが大切だけど、実際に練習してみないといつまで経っても上達しないのと同じです。

 

以上の点をまとめると、基本的な文法や単語(ルール)を学んで、ルールが分かったらどんどん思ったことを英語で言ってみる(練習する)ということを繰り返しながら、上達していくというのが効果的な勉強法ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

必見!英語を話せるようになるためのおすすめ教材を紹介